Mapboxで感染状況の可視化を。
新型コロナウイルス対応支援として
利用料無償で提供

2021年1月25日
マップボックス・ジャパン合同会社

地図の開発プラットフォームを提供するマップボックス・ジャパン合同会社は、新型コロナウイルス感染症の影響拡大を受け、感染状況のモニタリングなどでMapboxのサービスを活用する場合を対象に、利用料金を最大3ヵ月間無料とする特別支援をご提供します。お客様はMapboxの多様なビジュアル化機能を活用することで、感染状況や統計データをより鮮明に表現できます。

キャンペーンページURL: https://www.mapbox.jp/covid-contact

The New York Timesの例。米国での新型コロナウイルスの最新マップ
(Source: Mapbox US blog)https://blog.mapbox.com/the-new-york-times-mapping-covid-19-cases-and-deaths-in-the-united-states-670e5a2fa53a

キャンペーン実施の背景

新型コロナウイルスの急速な拡大に伴い、感染者の情報や統計データを視覚化するために、かなりの数の地図が公開されています。これは、データを地図上にビジュアル化して表現することにより、情報をわかりやすく訴求できるからです。

その中でもMapboxを活用している事例としては、感染状況の表現以外にも、品薄な生活用品の在庫がある店舗の表示や、ステイホームの時間を友人と競うSNSなど、複数あげられます。(事例詳細:​mapbox.jp/maps-visualizing-covid-19​)

このように、新型コロナウイルスに関連した情報提供目的でMapboxをご活用いただく際に、弊社としても何か支援ができないかと考え、利用料金を無料でご提供することに至りました。

本特別支援は一度、2020年5月末に終了しましたが、新型コロナウイルスは終息には至っておらず、お客様や利用者の方々への継続した支援が必要なため、引き続きご提供します。

キャンペーン詳細

対  象
新型コロナウイルスに関連した情報提供目的のお客様
提供内容
Mapsの各種API、SDKを3ヶ月間無料利用
※一部無償対象外のサービスがあります。
※サポートオプションは無償範囲のみ提供となります。
無料対象期間
サービス開始から最大3ヶ月間
申込期間
2021年1月25日~3月31日
申込方法
https://www.mapbox.jp/covid-contact    
お申込みフォームに必要事項をご入力ください。

マップボックス・ジャパン会社概要

2020年3月に米国Mapbox Inc.とソフトバンク株式会社の合弁会社として設立されたマップボックス・ジャパン合同会社は、地図領域のリーディングカンパニーとして地図サービスの開発プラットフォームを開発者向けに提供しております。高品質な技術基盤・高精度な地図情報と地図上てのデータビジュアライゼーションやカスタマイズ性に特長を持つサービスは豊富な採用実績があり、代表的には、ヤフー株式会社の「Yahoo! MAP」やPayPay株式会社の「PayPay」内てご活用いただいております。

社名:マップボックス・ジャパン合同
会社設立日:2020年3月30日
所在地:東京都港区虎ノ門1-10-5-11F WeWorkオフィス内
事業内容:地図サービスの開発プラットフォーム提供、地図を活用した新規サービスの開発URL:​https://www.mapbox.jp/

■下記媒体にて導入事例の紹介など情報発信を行っております。ぜひご覧ください。
・公式note:​ https://note.com/mapbox_japan
・公式Twitter:​https://twitter.com/mapbox_jp

■新型コロナウイルスに関する支援事例のご紹介
mapbox.jp/maps-visualizing-covid-19

■Mapbox Japanに関するお客さまからの問い合わせ先
https://mapbox.jp/contact