test

ニュースレター購読

プロダクト

【新機能リリース】Mapbox Studioで3Dマップデザイン | Mapbox Studio

2021
02
05

Mapboxのサービス概要資料はこちら

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

Mapbox Studioではこの度、3D TerrainとSkyレイヤーの追加、最大描画角度の拡大(マップのピッチが60度から85度に)等のアップデートにより、3Dマップでのデザインが可能になりました。これらの機能は、Mapbox GL JSではv2のリリースと同時に追加された機能ですが、本アップデートによりMapbox Studioでも使用可能になります。これにより、Mapbox Studioを用いることで、3Dマップの直接かつノーコードでのデザインが可能になりました。

画像1


3D Terrain

Mapbox Studioのメニューバーにある「Terrain」と書かれたドロップダウンから3D Terrainを設定することで、既存・新規問わず、どのスタイルでも3D表示が可能になりました。ドロップダウンの「Enable 3D terrain」をオンにすると、自動的に新しいDigital Elevation Modelタイル(地形がデジタル表現されたタイル)が追加され、地形の高さが切り替わります。また、「Exaggeration」スライダーで地形の押し出しレベルをコントロールすることもできます。値を0.0にすると、完全に平坦なマップになります、1.0にすると実寸比率のリアルな地形を表示します。1.0より大きい値では、値の大きさに応じて地形の高さが乗算されます。

画像2


Skyレイヤー

Skyレイヤーのスタイルを設定するためにはまず、「Land, water, & sky」コンポーネントを追加します。このコンポーネントは新しいSky APIと対応しており、「Atomosphere」または「Gradient」から空の表現方法を、また「Morning」や「Sunset」など一日の時間帯に基づいた太陽の位置を設定することで空の色味をカスタマイズできます。

画像3


Mapbox Studioでデザインされた3Dマップは、Mapbox GL JSを介して直接アプリに組み込むことができます。すべてのスタイルは以前のバージョンと互換性があり、古いバージョンのモバイルSDKではフォールバック(新機能を制限して動かす)され2Dで表示することができるので、どのプラットフォームでも3D機能を備えたスタイルを導入することができます。

ぜひあなたがつくった3Dマップを、Twitterで#BuiltWithMapboxを付けてシェアしてみてください!

*本記事で紹介した機能は一部スタイルでご利用いただけない場合がございます。

No items found.
No items found.

Mapboxのサービス概要資料はこちら

Mapbox Japanでは、プロダクトの概要や導入事例を紹介した資料をご用意しております。無料でダウンロードいただけますので、ぜひMapboxのビジネス活用のご参考にご利用ください。

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

Mapboxではお得な無料枠をご用意しているため、お気軽にご利用を開始することができます。ご登録がお済みでない方は今すぐMapboxアカウントに登録してMapboxのツール・サービスをお試しください。

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

Mapboxのプロダクトや企業情報に関するご質問・ご不明点はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事