test

ニュースレター購読

デザイン

Mapbox Studioで行政国ポリゴンを使って国をマスキングする|地図デザインの基礎

2022
03
30

Mapboxのサービス概要資料はこちら

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

高解像度の行政区域タイルセットが、Mapbox Studioを使用するすべてのユーザーの皆様に無料で提供されています。このタイルセットは、マスキング技術によって個々の国を強調する場合に最適です。

マスキングとは、地図用語の一つで、地図上の特徴を隠すことにより、不要な視覚的混乱を防ぎ、関心のある地理的領域をメインに表示することを指します。

Mapbox Studioで国をマスキングするための5つの簡単なステップ

ステップ1

まずは、Mapbox Studioで新しく「blank」のスタイルを作成することから始めます。Layersタブを選択し、「Mapbox Satellite」レイヤーから「mapbox-satellite」を追加します。

ステップ2

次に、「Mapbox Countries v1」レイヤーから「country-boundaries」を追加します。次のステップで色を調整します。

ステップ3

Mapbox Countries v1レイヤーで「Color」を選択し、「Style with data condition」からスタイル設定します。「name」のデータフィールドで「United States」と入力します。

その後、「select data」パネルを使って、地図上をクリックして好きな国を検索してください。

ステップ4

「United States」を選択したら、その色の不透明度(α)を「0」にします。地図は以下のように表示されます。

Doneをクリックし、「Fallback value」を白、全不透明(α=100)とします。地図には、米国を除くすべての国が白色で表示されます。

ステップ5

Mapboxの「water」レイヤーを追加し、同様の手順で塗りつぶしの色を白に設定します。これで、関心のある国がマスクされたことになります。

もちろん、国のFallback valueを好きな色に設定し、そのスタイルを水のレイヤーに合わせることもできます。Webページの背景色に最も合うように、さまざまな色をお試しください!

境界線などの背景の追加

国の境界線など、周囲の微妙な地理的状況を追加するには、「country-boundaries」レイヤーを複製し、以下のように「select data」から 「type」を 「Line」に変更します。

新しい「country-boundaries」レイヤーをドラッグして、階層の一番上に移動させます。下の例では、線の幅を細くし、グレーに着色しています。

背景のコンテキストレイヤーとして白黒の衛星レイヤーを使う

下の例では、もう一つsatelliteレイヤーを追加しています。ここでは階層の順番にご注意ください 。

「water」レイヤーの下で「country-boundaries」レイヤーの上です。また、このレイヤーのopacityを0.4とし、saturationを-1に落としました。

皆さんがさまざまな種類のマスキングをどのように使うのか、Twitterで #BuiltWithMapbox のタグをつけて、ぜひ地図デザインをシェアしてください!

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

No items found.
No items found.

Mapboxのサービス概要資料はこちら

Mapbox Japanでは、プロダクトの概要や導入事例を紹介した資料をご用意しております。無料でダウンロードいただけますので、ぜひMapboxのビジネス活用のご参考にご利用ください。

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

Mapboxではお得な無料枠をご用意しているため、お気軽にご利用を開始することができます。ご登録がお済みでない方は今すぐMapboxアカウントに登録してMapboxのツール・サービスをお試しください。

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

Mapboxのプロダクトや企業情報に関するご質問・ご不明点はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事