test

ニュースレター購読

ビジネス・ソリューション

オンラインショップにおける機会損失を減らすためのトップ戦略

カートの購入漏れによる毎年何千億円もの機会損失を防ぐために、オンラインショップの購入プロセスを高速化する

2022
06
20

Mapboxのサービス概要資料はこちら

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

ECによって、企業は世界中の顧客にアプローチできるようになりました。しかし、大きなチャンスがある一方で、課題もあります。デパートでショッピングカート内の商品が売れないということはありませんが、オンラインショッピングのカートは、そうとは限りません。

ECのカートの未購入率は平均69.82%です。10人のうち7人近くが、手続きが完了する前に購入を断念しています。EC業界では年間数千億円の売上高が失われています。アマゾンのような巨大企業は、時折の機会損失に耐えることができますが、小規模なオンラインビジネスでは、そうはいきません。

商品選択から購入までのプロセスを簡素化することで、平均的なECサイトやアプリはコンバージョンを35%以上増加させることができます。

カート放棄とは何か?

カート放棄とは、お客様がオンライン注文を開始したものの、購入が完了する前にWebページから離脱してしまうことを指します。

これは、オンライン販売業者にとっては大打撃です。カート放棄の理由を理解することで、機会損失を減らし、コンバージョン率を上げ、収益を拡大することができます。

なぜ、カート放棄が起きるのか

カート放棄につながる要因はさまざまです。その中には、販売者がコントロールできない要因もあります。例えば、購入するつもりがなく、ただブラウズしているだけのユーザーがあげられます。

一方で、最もメジャーなカート放棄の理由に関しては、企業が直接対処することができます。

カート放棄の理由として、高い送料、遅い配送、分かりづらい手数料、販売者に対する信頼感の欠如等が挙げられます。

この中で最大の要因として挙げられるのは、複雑な購入プロセスです。Baymard Instituteによると、カート放棄の17%は、複雑な購入プロセスが原因です。これには、不必要な項目、複数の購入ページ、重複している情報などが含まれます。販売者は、プロセスを単純化させる必要があります。

住所オートコンプリート

購入をシンプルにする最良の方法のひとつが、住所のオートコンプリートです。

住所のオートコンプリートが優れている理由は3つあります。①スピード、②配送先住所の正確さ、そして③モバイルへの最適化です。

①スピード

オンラインショップ利用者の17%は、購入プロセスが複雑な場合、注文を断念します。しかし、住所のオートコンプリートの機能があることで、ユーザーは数文字を入力しただけで住所入力を完了させることができます。

また、名前、Eメールアドレス、クレジットカード番号などにオートフィルを導入することも可能です。

②配送先住所の正確さ

住所のオートコンプリートの精度を高めることで、ヒューマンエラーやタイプミスを防ぐことができます。これは、返品や返金を減らすだけでなく、ページ離脱を防ぐことにもつながります。顧客が商品を購入したとき、間違った住所に商品が発送されることは、企業にとっても、ユーザーにとってもマイナスです。

正確に商品を配送するには、正確な送料計算と密接なコミュニケーションが必要です。送料は、場所や、届け先など、いくつかの要因によって変わります。

送料が不当に高いと、サービスの信用度は落ちてしまいます。カート放棄の約50%は、高い送料と手数料が原因です。

ユーザーに、いつ、どのように商品を受け取るかの明確な選択肢を提供することで、購入者が商品を手放す可能性を低くすることができます。

③モバイル最適化

モバイルでの販売の重要性がますます高まっています。SalesCycle Reportによると、ECのトラフィックの68%をスマートフォンが占めていますが、売上は54%に過ぎません。つまり、モバイルではコンバージョンがより発生しにくいということです。

バイヤーは、小さな画面での退屈なプロセスではストレスを感じてしまいます。そのため、スマートフォン向けの高機能な購入プロセスがこれまで以上に重要となっています。住所のオートコンプリート機能は、このプラットフォームが求めるスピードと精度を実現することができます。

Mapbox

Mapbox Retail はシンプルで信頼性の高い購入プロセスの構築を可能にします。

住所オートフィル

Address Autofillは、ユーザーが素早く正確に住所情報を記入できるようにするための理想的なツールです。正確な位置情報を提案し、キーボードを数回タップするだけで、正しい住所が自動入力されます。

▲住所オートフィル

レシートマップ

住所の記載方法は複雑なため、レシートマップはECの購入に欠かせない機能です。

顧客が選択した住所を素早く簡単に確認でき、正確な配送を可能にします。住所を入力すると、その住所をピンポイントで示すマップが自動的に生成されます。これにより、一目で、配送先情報が正しいことを確認できます。

また、配送先の場所が地図上で表示されることで、購入者は安心して注文を行うことができます。スムーズで信頼性の高いプロセスは、アプリやWebサイト、そしてビジネスへの信頼につながります。

購入の完了

オンラインビジネスにおいて、カート放棄率が0%になることはありません。しかし、データに基づいたスマートな意思決定を行うことで、売上高を劇的に増加させることができます。ECは、シンプルであることが重要です。買い手に優しい購入ページがあれば、購入プロセスは格段に向上します。たった、30秒の違いが、販売と放棄の境目になるかもしれません。

今すぐMapbox Retailを始めましょう。

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

No items found.
No items found.

Mapboxのサービス概要資料はこちら

Mapbox Japanでは、プロダクトの概要や導入事例を紹介した資料をご用意しております。無料でダウンロードいただけますので、ぜひMapboxのビジネス活用のご参考にご利用ください。

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

Mapboxではお得な無料枠をご用意しているため、お気軽にご利用を開始することができます。ご登録がお済みでない方は今すぐMapboxアカウントに登録してMapboxのツール・サービスをお試しください。

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

Mapboxのプロダクトや企業情報に関するご質問・ご不明点はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事