test

ニュースレター購読

活用事例

World Central Kitchenの食事配給所マップ|Built with Mapbox

分散したクラウドソーシングデータをGoogleスプレッドシートからマッピングする

2022
06
18

Mapboxのサービス概要資料はこちら

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

お問い合わせ
「行動を起こすためには、何が起きているのか、どこに格差があるのかを知る必要があります。」-World Central Kitchen

シェフのホセ・アンドレス氏が率いる非営利組織のWorld Central Kitchen(以下、WCK)は、レストラン、シェフ、キッチンを組織し、新型コロナウイルスの流行で困っている全米の人たちに、健康的で新鮮な食事を安全に配給しています。

Chefs for Americaの全国マップは、クラウドソーシングのデータを基に、3種類の場所で利用可能な食事を表示しています。学校、レストラン、WCKのコミュニティキッチン・配給所です。

▲Chefs for America Mapには、学校、レストラン、WCKのキッチンで利用可能な食事と、その他の情報へのリンクが表示されます。

簡単なスプレッドシートから地図を作る

WCKは、増え続ける複数の種類のクラウドデータを管理しているため、Mapboxのボランティアは、分散したチームが共同作業可能なGoogleスプレッドシートからデータを更新し、ソリューションの展開を支援しました。

このツールは、シンプルな場所と座標のリストから、ライブ更新のカスタムWebマップを作成・公開するためのテンプレートコードとアーキテクチャを提供するもので、新しいシートマッパーツールを作成しました。

▲Chefs For Americaの地図データ

自分で作成する場合は、ステップバイステップのガイドに従って、データ収集から公開までの全プロセスを最小限のコーディングで行うことができます。

このテンプレートは、地域のフードバンクをマッピングしていますが、オフィス、イベントなど、一連の場所をマッピングしたい場合に便利です。

基本的な設定から始めたら、より高度な機能を追加することができます。

WCKのマップでは、クライアントサイドのデータ結合を使用して、スプレッドシートデータを、各学校区の形と位置のタイルセットにマッチングさせています。

他の事例として、50 States Projectは住所をジオコード化する「サーチAPI」と、ルートを計算する「ディレクションAPI」の呼び出しを追加して、ロードトリップマップとしてこのソリューションを使用しています。

他の組織では、表示するポイントが何千もある場合に、マップのパフォーマンスを向上させるために、スプレッドシートから AWS S3 バケットにデータをキャッシュするステップを追加しています。

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

No items found.
No items found.

Mapboxのサービス概要資料はこちら

Mapbox Japanでは、プロダクトの概要や導入事例を紹介した資料をご用意しております。無料でダウンロードいただけますので、ぜひMapboxのビジネス活用のご参考にご利用ください。

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

Mapboxではお得な無料枠をご用意しているため、お気軽にご利用を開始することができます。ご登録がお済みでない方は今すぐMapboxアカウントに登録してMapboxのツール・サービスをお試しください。

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

Mapboxのプロダクトや企業情報に関するご質問・ご不明点はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事