プレスリリース

マップボックス・ジャパン合同会社のCEOに高田徹が就任

2020-11-25

マップボックス・ジャパンの日本市場でのさらなる事業展開の強化のために高田徹がCEOに就任しました。地図技術ライセンス事業の推進、広告等の新規事業の開発、また日本での人材採用等、経営及び事業執行を牽引します。

地図サービスの開発プラットフォームを提供するマップボックス・ジャパン合同会社(以下、「マップボックス・ジャパン」)は、2020年11月16日で、CEO(最高経営責任者)に高田徹(たかた・とおる)が就任したことをお知らせいたします。

高田は2013年~17年まで、ヤフー株式会社の広告事業の責任者として、同社の主力事業である広告事業を、製品・事業開発の面からリードした他、CRITEO株式会社やBuzzFeedJapan株式会社等の合弁事業を成功させるなど、事業成長を牽引しました。また、現在も代表を務めるZコーポレーション株式会社やソフトバンク株式会社の投資戦略部門にて国内外のスタートアップへの投資やアライアンスをリードするなど、一貫してインターネット分野での事業開発や経営に取り組んでいます。

(新たにマップボックス・ジャパンCEOに就任した高田徹氏)

Mapbox Inc. CEO エリック・ガンダーセン コメント

今回の新CEO就任に際し、米国Mapbox Inc.最高経営責任者のエリック・ガンダーセンは次のように述べています。「日本でインターネット事業をリードしてきた第一人者でもある高田氏が新たにCEOへ就任したことを大変嬉しく、心強く思います。高田氏がこれまでマップボックス・ジャパンの設立およびビジネス展開を支えて来てくれたことに深い信頼を抱くと共に、事業を数多く成功させてきた彼の経験はマップボックス・ジャパンを成功に導いてくれると信じています。今後はより一層、日本のお客様に最適な形でのサービス提供が出来ると強く確信しております」。

高田氏コメント

高田はCEO就任にあたり、次のように述べています。「この度、マップボックス・ジャパンのCEOとして歴史の長い地図サービスに関わることを大変光栄に思います。マップボックスが保有する技術は、業界に新たな価値と成長をもたらす可能性のある資産だと感じています。サービスのローカリゼーションや日本発でのサービス開発を通じて、地図作りに関わる全ての開発者に付加価値を生みやすいツールを提供し、業界の発展のために尽力したいと考えています。我々と共に、新たな価値を産み出す仲間を募集しています。」

高田氏プロフィール

2007年にヤフー株式会社入社、2013年より同社広告事業の製品開発及び事業開発の責任者。その後、2019年にZコーポレーション株式会社 代表取締役社長に就任。2020年5月にマップボックス・ジャパン合同会社CSO、同11月より当社CEOに就任。

2020年4月よりソフトバンク株式会社の技術投資戦略本部ほか、Z コーポレーション株式会社、および複数企業での責任者や取締役も兼任。

最新ニュース