test

ニュースレター購読

デジタルマップ活用の業界別事例

Mapbox Japanでは、業界別デジタルマップの活用方法やデジタルマップ導入による効果について紹介した資料をご用意しております。無料でダウンロードいただけますので、ぜひMapboxのビジネス活用のご参考にご利用ください。

いますぐダウンロード

地図ゲーム開発におけるMapbox活用ガイド - Mapbox Gaming Solution

Mapbox Japanでは、地図ゲーム開発におけるMapboxのプロダクト活用方法や地図ゲーム開発向け基本APIを紹介した資料を無料でご提供しております。ぜひMapbox活用のご参考にご利用ください。

いますぐダウンロード

活用事例

訪問者を寄付者に変える募金活動マップ|Built with Mapbox

自然保護のための1億円を集められるウェブサイトの構築

2022
05
30

Mapboxのサービス概要資料はこちら

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

慈善団体や自然保護団体は、注目を集めてお金を得ることが必要という、小売業者と同じような課題を抱えています。

アースデイをはじめとする寄付の繁忙期には、非営利団体は潜在的な寄付者にアプローチし、寄付をするよう促す工夫が必要とされています。

Orbicaのチームは、クライアントであるボルネオ・オランウータン保護財団(以下、BOS財団)を目立たせるために、インタラクティブマップを活用しました。

今回は、Orbicaのヨーロッパ担当マーケティング・ディレクターのマティアス・フライ氏にお話を伺いました。

マップ・ドリブンな募金活動キャンペーンとは?

顧客を成約させるには、優れたコンテンツ(または製品)だけでなく、魅力的なプレゼンテーションも重要です。ウェブサイトを訪問してくれた人たちに、「この会社から買いたい」と思ってもらえるような、あるいは「ボルネオ・オランウータン保護財団」に寄付してもらえるような、魅力的な経験を提供することが必要です。

この財団は、ボルネオ島で最後の野生のオランウータンをリハビリし、その生息地も森林再生させることで保護しています。BOS財団は素晴らしい活動をしていますが、寄付者の注目を集めるために、他社と競合することになります。

私たちのソリューションは、「Lebenswald」(直訳すると「生命の森」)と名付けられた募金キャンペーンサイトの中心にインタラクティブ・マップを置くことでした。寄付すると「森のスポンサー」となって、共同のWebマップ上の森のマスに色を塗っていき、寄付をすればするほど、マスの数が増えていく仕組みになっています。出来上がった地図は、まるでゲームのように、人々が森のマス目で模様を描きながら「生命の森」全体が徐々に彩られていきます。

▲寄付者がLebenswaldマップのマス目を埋め、寄付金で森を再生することができる

なぜ、地図が寄付者の関心を引くのに効果的だったのでしょうか?

人は地図に魅了されます。BOS財団のために制作したこのプロジェクトは、地図が本来持っている魅力や視覚的な面白さに加え、みんなで作るアートプロジェクトとしての魅力が加わっています。

私たちは、ピクセル単位で購入し、好きなスタイルを選べる初の「ピクセル販売」サイトで有名な「ミリオンダラー・ホームページ」からインスピレーションを得ました。このアイデアは、r/placeからメタバース不動産まで、数多くの類似した交流のきっかけとなり、今も絶大な人気を誇っているのです。

また、地図に記入することで、他の人がどれだけ寄付しているかが一目瞭然になり、仲間意識が芽生えるという効果もあります。本来この地図は募金活動の指標となるようなものですが、創造性があり、新鮮で楽しいものとなっています。

"Orbicaと構築した魅力的でインタラクティブなウェブサイトのおかげで、最初の6ヶ月で寄付金が160%も増えました。"- ダニエル・メルデス氏(BOS財団 マネージング・ディレクター)

地図上の「森林再生」されたマスが埋まっていく様子から、募金活動の成功を実感することができます。実際、最初のエリアはすぐに埋まってしまい、さらに寄付をするために地図を拡張する必要がありました。BOS財団は既にサイトを拡張し、他の言語でも利用できるようにしました。

また、「タイムトラベル」機能で自分の住んでいる森の衛星画像を時系列で見たり、地図上に記された動物の名所などの物語を探ったりと、地図の周りに教育的なコンテンツを展開することも可能です。

Orbicaはどのようにこのサイトを構築したのでしょうか?

非営利団体のお客様のためにWebサイトを構築するときは、大規模でもメンテナンスなしで安定的に動作し、かつ最小限のコストで運営できるサイトを設計しなければならないと思っています。

Webサイトの中心的な機能は、もちろん地図です。「Lebenswald」の地図は、衛星画像のベースレイヤー、ドローン画像のカスタムレイヤー、動物の場所やその他のストーリーを示すPOIマーカーなど、豊富な機能を備えています。

これはすべてMapboxで構築されており、グリッドの正方形を動かすためにMapboxタイルセットで100万以上の図形をホスティングしています。

BOS財団は、ニュース記事で注目を集めると、Webサイト訪問者数が突然急増することがあります。高速なパフォーマンスと信頼性を実現するために、サーバーレス設計を採用しました。

Webフロントエンドには、CMSとしてContentfulを、Gatsbyを使用してReactベースのプログレッシブWebアプリを構築し、モバイルデバイスに対応するレスポンシブデザインを採用しました。

また、このサイトは、Microsoft Azureでホストされています。このサイトは、寄付を管理するためにFundraisingBoxと、マーケティングを最適化するためにGoogle AnalyticsとHubSpotと統合されています。

▲Lebenswald(生命の森)キャンペーンに寄付された方の特典

Mapbox、Contentful、Microsoft Azureには、寛大なサポートと非営利価格を提供していただいたり、Charicommのサイトデザインにご協力いただいたことを大変感謝しています。

地図を使って顧客や寄付者を集めたいと考えている人へのアドバイスがあればお願いします。

人々に寄付をしてもらいたいとき、目立つ方法で人々を惹きつけるには、パワフルなアイディアが必要です。地図とストーリー性のあるコンテンツと組み合わせることは、非常に効果的な選択肢です。Mapboxのようなツールを使えば、思っているよりも簡単に構築できますよ!

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です。

No items found.
No items found.

Mapboxのサービス概要資料はこちら

Mapbox Japanでは、プロダクトの概要や導入事例を紹介した資料をご用意しております。無料でダウンロードいただけますので、ぜひMapboxのビジネス活用のご参考にご利用ください。

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

Mapboxではお得な無料枠をご用意しているため、お気軽にご利用を開始することができます。ご登録がお済みでない方は今すぐMapboxアカウントに登録してMapboxのツール・サービスをお試しください。

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

Mapboxのプロダクトや企業情報に関するご質問・ご不明点はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事