test

ニュースレター購読

デジタルマップ活用の業界別事例

Mapbox Japanでは、業界別デジタルマップの活用方法やデジタルマップ導入による効果について紹介した資料をご用意しております。無料でダウンロードいただけますので、ぜひMapboxのビジネス活用のご参考にご利用ください。

いますぐダウンロード

地図ゲーム開発におけるMapbox活用ガイド - Mapbox Gaming Solution

Mapbox Japanでは、地図ゲーム開発におけるMapboxのプロダクト活用方法や地図ゲーム開発向け基本APIを紹介した資料を無料でご提供しております。ぜひMapbox活用のご参考にご利用ください。

いますぐダウンロード

活用事例

海底の地形を表現したタイルセットで広がる海洋マップの可能性 | Mapbox Tilesets

2021
06
23

Mapboxのサービス概要資料はこちら

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

海底地形データ(Bathymetry)は、マップの水に関するレイヤーにより詳細な情報を与え、海洋ナビゲーションや海に関する科学などに役立ちます。私たちは今回、カスタム海洋マップを作るための新しい海底地形マップ(タイルセットとスタイル)をリリースしました。

画像1

1. 海底地形データを使ったマップの事例

探検用トラッキングアプリを作成しているZero Six Zero社は、ヨットやボートを使った冒険のためのマップを作成し、マップにスケール感や変化を与えるために海底地形データを利用しています。

画像2
▲ 女性だけで構成された海洋プラスチック汚染調査のための航海プロジェクト「eXXpedition Round The World」のためにZero Six Zeroが作成したリアルタイムトラッキングマップ
Zero Six Zero アンソニー・ゴダード氏「海洋探検マップに海底地形データを使うことで、視覚的な面白さと情報量の多いレイヤーが追加され、マップが伝えるストーリーに深みと文脈が加わりました。」

また環境保護団体Citizens of the Great Barrier Reefは、環境保護プロジェクト「グレートリーフ・センサスのために、詳細な海底地形データを用いて、衛星画像や航空写真だけでは十分に見えない遠隔地にあるサンゴ礁の調査計画マップを公開しました。

画像3
▲ Citizens of the Great Barrier Reefが作成したグレートリーフ・センサス調査計画マップ
Citizens of the Great Barrier Reef ソム・ミーデン氏「海底地形データとサンゴ礁のモデルや境界線データを組み合わせることで、サンゴ礁をピンポイントで特定し、船や参加者、そして私たちの調査要件に最適な旅程を組むことができました。」


2. 海底地形タイルセットで作るカスタム海洋マップ

私たちは今回、Natural Earthが公開しているデータを使用したタイルセット、「mapbox-public.bathymetry」を作成・公開しました。このタイルセットを使うことで、生データの準備や成形をすることなく、マップに海底地形データを追加することができます。タイルセットの作成方法やカスタム海底地形タイルセットの作成方法に関する詳細は、こちらの記事(英語)をご覧ください。

画像4

このタイルセットを使用するには、ジョニー・ウォーカー氏が作成したマップスタイルのテンプレートをMapbox Studioにコピーします。コピーした後、必要に応じてスタイルをカスタマイズすることができます。また、Mapbox Studioの既存スタイルにソースとしてタイルセットを追加することもできます。ドキュメントに従い、Mapbox GL JSを使用して水深データのスタイリングを行う場合は、こちらのサンプルコードを参考にしてみてください。

このタイルセットをスタイリングするために、ジョニー氏は透明なグレースケールを使用して各深度値をスタイリングしました。海底地形レイヤーの上にあるマスクレイヤーは、海全体を青く染めています。

画像5
▲ Mapbox Studio内のカラーパネル

このデータを使ったスタイリングの可能性は無限大です。ヤン・ジャークのように海図をモチーフにしたスタイルを試してみてはいかがでしょうか。

画像6
▲ ヤン・ジャーク氏のが作成した「Nauticalスタイル」は、船の航行に使われる海図の外観を模したものです。

また、Citizens of the Great Barrier Reefのように、水中の3D効果を試してみるのもいいでしょう。

画像7
▲ Citizens of the Great Barrier Reefでは、Mapbox StudioにアップロードされたDEM(数値標高モデル)をfill-extrusionレイヤーとして使用し、すべてが0以上になるようにオフセットをかけ、ログスケールを使って0〜200mの間で水深を表現しています。


早速使ってみましょう!

海があなたを待っています。新しいタイルセットとスタイルをチェックして、ぜひあなただけのマップを作成してみてください!作ったマップはTwitterで#builtwithmapboxをつけてシェアしてくださいね。

*本記事は、Mapbox Inc. Blogの翻訳記事です

No items found.
No items found.

Mapboxのサービス概要資料はこちら

Mapbox Japanでは、プロダクトの概要や導入事例を紹介した資料をご用意しております。無料でダウンロードいただけますので、ぜひMapboxのビジネス活用のご参考にご利用ください。

無料でダウンロード無料でダウンロード

Mapboxのアカウント作成はこちら

Mapboxではお得な無料枠をご用意しているため、お気軽にご利用を開始することができます。ご登録がお済みでない方は今すぐMapboxアカウントに登録してMapboxのツール・サービスをお試しください。

今すぐ無料登録

お問い合わせはこちら

Mapboxのプロダクトや企業情報に関するご質問・ご不明点はこちらからお問い合わせください。

お問い合わせ

関連記事